借金の相談をする弁護士の選び方【ノウハウを持っているか確認】

債務整理依頼の専門家選び

ジャッジガベル

相談件数実績の多い事務所

任意整理の交渉は個人であっても行うことができますが、交渉に応じなかったり元金の減額の要求に応じない業者もあります。減額に応じてくれることもありますが、その代わり一括で返済してくれればと条件を突きつけられることもあります。あくまで任意なので交渉に応じるか応じないかは金融業者の方針なのです。借金を延滞して利息や遅延損害金が発生している場合、それは企業の収入となりますから、その状況で減額に応じてくださいと言われるのは金融業者にとって何もメリットはないです。ただでさえ、貸金業法が改正され上限金利も29.2%から20%以下まで引き下げられたのですから経営状況は厳しいのです。返済が苦しいので減額してくださいだけでは要求に応じませんので、過払い金を根拠に借金減額交渉をすることができます。過払い金が発生しているかは弁護士に依頼することで調査してもらうことができます。弁護士に過払い金を調べてもらうことで、借金がどれくらい減額できそうかも試算できます。減額を要求される金融業者にとっては、減額されてしまうことで何もメリットがないです。ですが、交渉力のある弁護士は自己破産をチラつかせて元金の減額を交渉することもあります。借金を自己破産されてしまうと、金融業者には1円も入ってきませんから、そこは1円も返ってこないよりは貸したお金くらい返して欲しいですから弁護士に減額交渉に応じることも少なくないのです。なるべく相談実績の多い債務整理に強い弁護士を選ぶことです。