借金の相談をする弁護士の選び方【ノウハウを持っているか確認】

受任通知の効果

お金

メリットと影響

任意整理、個人再生、過払い金請求、自己破産の債務整理、いずれの手続きをするにしても受任通知を各債権者に送ります。受任通知は、各債権者に弁護士が受任して債務整理の手続きが開始されたとお知らせる文書です。受け取った債権者は、弁護士が債務者の代理人になることによって直接本人に借金の取り立てができなくなります。そのため、勿論電話はダメですし自宅に督促状を送ること、会社へ電話するのもダメです。今後は、債務者と交渉するにはすべて弁護士が窓口となります。借金を延滞している人にとって、毎日債権者から何社も電話がかかってくることは、精神的なストレスです。直接取り立てが止まるので、精神的に楽になるだけでなく和解が成立するまでは返済も不要なので生活も楽になります。ただし、受任通知はメリットだけではないのです。受任通知が届いたら、債権者はすぐに督促を止める手続きと信用情報機関に事故情報の登録処理を行います。つまり、信用情報機関のブラックリスト入りしてしまうことになります。ブラックリストに登録しないでと言っても、これは信用情報機関の規約で決まっていることなので、債務整理をする限り事故登録は免れられないのです。また、事故情報が登録されることは新たな借り入れもできなくなります。借金の返済に困っているから弁護士に依頼して債務整理をしているわけですから、返済する余裕がない人に新たに借金を作らせないためにも信用情報機関に事故情報を登録して情報を共有するのです。