借金の相談をする弁護士の選び方【ノウハウを持っているか確認】

お金

受任通知の効果

弁護士に債務整理を依頼すると、即日受任通知は各債権者に送ります。受任通知を受け取った各金融機関の債権者は、直接督促電話をしたり督促状を送ることをストップさせます。督促は来なくなりますが、借金の整理をした情報は信用情報機関に事故登録されます。

債務整理に強い事務所

ジャッジガベル

着手金無料の事務所

消費者金融のキャッシング、カードローンを複数の業者から利用していて借金返済に悩みを抱えている場合、弁護士に借金相談をしますが、気になってしまうのは費用です。借金の返済に困っているのに、そこにまた債務整理の費用がかかるわけですから今すぐに相談するためのまとまったお金を準備できない人もいます。そのような事情は、債務整理の相談を引き受ける弁護士事務所であれば当然分かっていますから、債務整理を得意としている豊富な相談実績と経験がありノウハウが蓄積している弁護士事務所であれば相談料は無料にして気軽に相談をしやすい雰囲気を作っているところが多いのです。弁護士に債務整理を相談すると、相談料、着手金、成功報酬といった費用がかかります。借金相談するなら誰でもいいと選んでしまうと、相談料がかかってしまうばかりか、債務整理に慣れていない弁護士であれば交渉に失敗したり、減額もさほどできないというケースもあります。相談料を0円にしているのは、債務整理に相当の自信をもっているからできるあらわれでもあるのです。また、一部の弁護士事務所では着手金もとらない事務所もあります。その理由は、債務整理をしたいけれどまとまったお金が準備できないから相談を躊躇してしまっている人に是非相談に来て欲しいからです。弁護士に債務整理の相談をすると、すぐに督促が止まります。後は弁護士が、債権者と減額と月々の返済額について交渉してくれます。弁護士費用も分割払いに応じてくれるので安心して相談できます。

弁護士

代理人を立てて交渉

借金の整理は、個人でも債権者に交渉できますが、交渉を進める中で減額要求するとはいっても一度は困った時にお金を貸して助けてくれたという気持ちがあります。そのため相手に譲歩してしまうこともあり、いつのまにか債権者有利の和解となることもあります。弁護士に依頼すれば上いった情を排除して交渉してくれます。

ウーマン

任意整理の費用

借金の整理を弁護士に依頼して任意整理を行うとなったら、着手金と報酬金の費用がかかります。相談料もあるのですが、債務整理に強い事務所であれば無料で相談をしてくれます。無料で相談できる弁護士事務所に依頼するのがおすすめです。

天秤

取引期間が短い人は

取引期間が短い、2010年以降に新規契約した場合は弁護士に任意整理を依頼したとしても借金減額の効果はほとんどないです。減額の効果は期待できなくても将来金利はカットするので、今後利息は発生しないで返済ができます。

ジャッジガベル

債務整理依頼の専門家選び

債務整理は、個人で行えますが金融業者が交渉に応じなかったり減額に応じてもそれは一括返済を条件としてくるケースもあります。減額を要求するには過払い金を根拠に交渉を進めることができます。弁護士に依頼すれば過払い金の有無を調査し借金減額を交渉してくれます。